管理人はこんな人

ミィー

Author:ミィー
こんにちは!
薬剤師の役割、使命について考えてます。薬剤師の可能性を自分で見つけましょう!!

みぃーは一人でずっと悩んでました。すごく苦しくなりました。一人で悩まないで!悩みがあったらみぃーにメールしてね。

yakuzaishi3@gmail.com

↓保険薬局勤務の方は
調剤薬局で働く人の情報交換BBS
いろいろな情報交換ができるので、参考になります。


薬剤師ブログランキングに参加中♪
このブログは何位かな?↓↓

ビジネスブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
ブログランキングranQ


カテゴリー

最近のコメント

全ての記事を見ることができます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方レッスン③うつ病治療

 うつ病は幅広い年代で発病し、WHOの推計では、
日本を含む先進国で人口の3~5%がうつ病と診断されている。

西洋医学では、
うつ病の原因は、ノルアドレナリンやセロトニンといった
脳内モオアミン神経伝達物質の低下
だといわれている。
西洋医学は、人間のに注目したわけです。

つまり、私たちが知っているうつ病治療法というのは、
おもに、脳内の神経伝達を改善する薬をもちいて、
行われている。

例)第3世代 SSRIフルボキサミン(デプロメール)
       パロキセチン(パキシル)
 
  第4世代 SNRIミルナシデプラン(トレドミン)
  (睡眠導入薬をあわせて処方するケースが多い。)



一方、漢方医学では脳は一つの臓器として
捉えられていなかった、
「心は神(精神)の舎(やど)るところ」
といわれており、
心(心臓)は現代医学と同じポンプ作用としての心臓の役割
に加えて、思考・精神作用の中枢とされている。

では、うつ病をどのように捉えてたのでしょうか。
漢方医学によると
精神的疾患は気の停滞、機能の停滞である
気滞が関与し、内傷七情(ないしょうしちじょう)
(内傷:精神的ストレス 七情:喜怒憂思悲哀楽)
が原因で、うつ病、心身症、自律神経失調症、神経症、
神経衰弱、更年期障害、不眠症、痴呆症などの多くの疾患
の発病原因としている。

つまり、内傷七情である神経的ストレスは、
情緒系・自立神経系に影響し、
肝気鬱結(かんきうっけつ)と呼ばれる
抑うつ・緊張状態を生じさせていると考えられている。

肝気鬱結により、五行説で肝と相剋の関係にある
脾臓の機能が低下し、心虚血となり、不眠症といった
神経的症状を悪化させることになる。

って、漢方知らない人にとっては
何のことやらって感じですよね。

簡単にいうと、

精神的ストレス→肝臓の機能低下→脾臓機能低下→心の病

脾臓機能低下:脾気虚と心血虚など。
       脾気虚においては、食欲不振、消化不良
       元気がない、疲れやすいなどの症状がある。
       心血虚においては、不安、不眠、健忘などの症状がある

補足:漢方医学と現代医学では、臓器機能についての考え方が違う!
   例えば、現代医学では肝臓は単に代謝解毒作用を持った臓器
   だが、漢方では肝臓は「疎泄を司る」として、精神・情緒
   を伸びやかに保ち、中枢・末梢神経系機能を円滑に保つ臓器で    あると捉えられている。


漢方での治療は、
一般に肝気鬱結にたいして柴胡剤と白芍(芍薬)
の組み合わせを用いることが多い。
それから、脾気虚と心血虚に対しては、
安神作用(精神安定・催眠作用)のある
加味帰脾湯(ツムラ137番)、甘麦大棗湯(ツムラ072番)、
酸棗仁湯(ツムラ103番)、桂枝加竜骨牡蠣湯(ツムラ026番)、
柴胡加竜骨牡蠣湯(ツムラ012番)を用いる。





あなたも薬剤師ブログ、薬学生ブログを作りませんか?
↓↓自分のブログを作って、ランキングに登録しよう!!

FC2BLOG
登録が必要だけど、すぐに使えますよ。
広告もほとんどありません。


ビジネスブログランキング
皆様のおかげで、人気上昇中です。
本人は予想外で、感激しております。
うれしいです。
いつも見てくださいまして、ありがとうございます。


↓支援をお願いしますm(__)m スポンサーサイト

漢方レッスン②漢方エキス製剤の組成別分類

漢方薬には
ツムラで販売されるようなレディメイド品(エキス剤)と
生薬そのものが処方され、それを煎じて飲む煎じ薬がある。

エキス剤は顆粒製剤で、服用・調剤が簡易で、品質も安定である。
保険適応されるので、比較的安価で入手できる。

生薬処方の煎じ薬
個人の状態に合わせた生薬の配合を調整できるという
利点があるが、
保険適用外であるので、
コストがかかる。

ツムラなどで販売される漢方、
いわゆる漢方エキス製剤は、
用いている生薬の種類により分類でき、
理解しやすくなります。
次のように分類できます。

①桂枝湯類
②麻黄湯類
③五苓散類
④柴胡剤
⑤承気湯類
⑥大黄甘草湯・承気湯類
⑦承気湯類
⑧大黄甘草湯・承気湯類
⑨瀉心湯類
⑩人参湯類
⑪八味地黄丸(地黄剤)
⑫四物湯類
⑬四君子湯類
⑭五淋散類
 
①桂枝湯類

 
 桂枝湯       =桂枝・芍薬・生姜・大棗・甘草
 桂枝加芍薬湯    =桂枝+芍薬
 小建中湯      =桂枝+芍薬・膠飴
 黄耆建中湯     =桂枝+芍薬・膠飴・黄耆
 当帰建中湯     =桂枝+芍薬・膠飴・当帰
 桂枝加芍薬大黄湯  =桂枝+芍薬・大黄
 葛根湯       =桂枝+芍薬・麻黄
 
桂枝 
20070112115518.jpg






ビジネスブログランキング


↓支援をお願いしますm(__)m スポンサーサイト




漢方レッスン①中国思想の五行説

 古代中国には独自の自然哲学があり、
五行説
とよばれている。



漢方を理解するには、まずこの考えを身につけなければならない。
五行説とは、
全ての事象を木・火・土・金・水の五つの属性に分類し、
その相互関係を説明する方法論である。

例として、
 
 五行(ごぎょう) 木・ 火・ 土・ 金・   水
 五臓(ごぞう)  肝・ 心・ 脾・ 肺・   腎
 五腑(ごふ)   胆・小腸・ 胃・ 大腸・  膀胱
 五味(ごみ)   酸・ 苦・ 甘・ 辛・   鹹
 五窮(ごきょう) 目・ 下・ 口・ 鼻・   耳
 五液(ごえき)  涙・ 汗・ 涎・ 涕・   唾
 五体(ごたい)  筋・ 脈・ 肉・ 皮(毛)・骨(髄)

ビジネスブログランキング

↓支援をお願いしますm(__)m スポンサーサイト


FC2Ad

相続 会社設立

当サイトに掲載されている文章および、グラフィックなどの全ての著作物の無断使用・無断転載を禁じます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。