管理人はこんな人

ミィー

Author:ミィー
こんにちは!
薬剤師の役割、使命について考えてます。薬剤師の可能性を自分で見つけましょう!!

みぃーは一人でずっと悩んでました。すごく苦しくなりました。一人で悩まないで!悩みがあったらみぃーにメールしてね。

yakuzaishi3@gmail.com

↓保険薬局勤務の方は
調剤薬局で働く人の情報交換BBS
いろいろな情報交換ができるので、参考になります。


薬剤師ブログランキングに参加中♪
このブログは何位かな?↓↓

ビジネスブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
ブログランキングranQ


カテゴリー

最近のコメント

全ての記事を見ることができます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方レッスン③うつ病治療

 うつ病は幅広い年代で発病し、WHOの推計では、
日本を含む先進国で人口の3~5%がうつ病と診断されている。

西洋医学では、
うつ病の原因は、ノルアドレナリンやセロトニンといった
脳内モオアミン神経伝達物質の低下
だといわれている。
西洋医学は、人間のに注目したわけです。

つまり、私たちが知っているうつ病治療法というのは、
おもに、脳内の神経伝達を改善する薬をもちいて、
行われている。

例)第3世代 SSRIフルボキサミン(デプロメール)
       パロキセチン(パキシル)
 
  第4世代 SNRIミルナシデプラン(トレドミン)
  (睡眠導入薬をあわせて処方するケースが多い。)



一方、漢方医学では脳は一つの臓器として
捉えられていなかった、
「心は神(精神)の舎(やど)るところ」
といわれており、
心(心臓)は現代医学と同じポンプ作用としての心臓の役割
に加えて、思考・精神作用の中枢とされている。

では、うつ病をどのように捉えてたのでしょうか。
漢方医学によると
精神的疾患は気の停滞、機能の停滞である
気滞が関与し、内傷七情(ないしょうしちじょう)
(内傷:精神的ストレス 七情:喜怒憂思悲哀楽)
が原因で、うつ病、心身症、自律神経失調症、神経症、
神経衰弱、更年期障害、不眠症、痴呆症などの多くの疾患
の発病原因としている。

つまり、内傷七情である神経的ストレスは、
情緒系・自立神経系に影響し、
肝気鬱結(かんきうっけつ)と呼ばれる
抑うつ・緊張状態を生じさせていると考えられている。

肝気鬱結により、五行説で肝と相剋の関係にある
脾臓の機能が低下し、心虚血となり、不眠症といった
神経的症状を悪化させることになる。

って、漢方知らない人にとっては
何のことやらって感じですよね。

簡単にいうと、

精神的ストレス→肝臓の機能低下→脾臓機能低下→心の病

脾臓機能低下:脾気虚と心血虚など。
       脾気虚においては、食欲不振、消化不良
       元気がない、疲れやすいなどの症状がある。
       心血虚においては、不安、不眠、健忘などの症状がある

補足:漢方医学と現代医学では、臓器機能についての考え方が違う!
   例えば、現代医学では肝臓は単に代謝解毒作用を持った臓器
   だが、漢方では肝臓は「疎泄を司る」として、精神・情緒
   を伸びやかに保ち、中枢・末梢神経系機能を円滑に保つ臓器で    あると捉えられている。


漢方での治療は、
一般に肝気鬱結にたいして柴胡剤と白芍(芍薬)
の組み合わせを用いることが多い。
それから、脾気虚と心血虚に対しては、
安神作用(精神安定・催眠作用)のある
加味帰脾湯(ツムラ137番)、甘麦大棗湯(ツムラ072番)、
酸棗仁湯(ツムラ103番)、桂枝加竜骨牡蠣湯(ツムラ026番)、
柴胡加竜骨牡蠣湯(ツムラ012番)を用いる。





あなたも薬剤師ブログ、薬学生ブログを作りませんか?
↓↓自分のブログを作って、ランキングに登録しよう!!

FC2BLOG
登録が必要だけど、すぐに使えますよ。
広告もほとんどありません。


ビジネスブログランキング
皆様のおかげで、人気上昇中です。
本人は予想外で、感激しております。
うれしいです。
いつも見てくださいまして、ありがとうございます。


↓支援をお願いしますm(__)m スポンサーサイト
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

医学を集めた

日本では、処方箋による調剤を行う「薬局」のみならず、調剤を行わず、一般医薬品のみを販売する「医薬品一般販売業」においても、店舗に薬剤師を配置することが薬事法によって義務付けられている。但し、ドラッグストアの中には薬剤師でなくても開設できる「薬種商(やくし

FC2Ad

相続 会社設立

当サイトに掲載されている文章および、グラフィックなどの全ての著作物の無断使用・無断転載を禁じます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。