管理人はこんな人

ミィー

Author:ミィー
こんにちは!
薬剤師の役割、使命について考えてます。薬剤師の可能性を自分で見つけましょう!!

みぃーは一人でずっと悩んでました。すごく苦しくなりました。一人で悩まないで!悩みがあったらみぃーにメールしてね。

yakuzaishi3@gmail.com

↓保険薬局勤務の方は
調剤薬局で働く人の情報交換BBS
いろいろな情報交換ができるので、参考になります。


薬剤師ブログランキングに参加中♪
このブログは何位かな?↓↓

ビジネスブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
ブログランキングranQ


カテゴリー

最近のコメント

全ての記事を見ることができます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学院生のための薬剤師国家試験の復習 疾患編①

薬剤師国家試験がそろそろ近づいてきました。
あの過酷な試験に耐えて、もうすぐ一年になります。

もうそろそろ、覚えたことを忘れてしまいそうなので、
ちょこちょこ復習したいと思います。

今回のテーマは


糖尿病とその治療薬


糖尿病の判定:空腹時血糖値 126 mg/dL 以上
    随時血糖値 200 mg/mL 以上(糖負荷試験;GOTT)
   
   糖化ヘモグロビン(HbA1c) 6.5%以上
   (↑過去1~2ヶ月の血糖値を評価できる。)
   
   糖化アルブミト(糖化フルクトサミン):205~285umol/L
   化ヘモグロビン(HbA1c) 3.5~6.0%
   (↑過去1~2週間の血糖値を評価できる。)
   
   C-ペプチド(すい臓β細胞機能の指標)

   BMI=28以上では減量を勧める


治療薬
 
①スルホニル尿素系(SU剤):膵臓β細胞刺激型薬剤
            (Kチャネル閉口→脱分極→インスリン分泌)
             トルブタミド(ラスチノン)
             グリベンクラミド(ダオニール)
             グリメピリド(アマリール)

②ビグアナイト剤:インスリン利用促進型薬剤
         解糖系促進、糖新生抑制作用
        (副作用として乳酸アシドーシスがある)
         メトホルミン(メルビン錠、グリコラン錠)、
         ブホルミン

③インスリン抵抗性改善薬:ピオグリタゾン(アクトス)
       (インスリン受容体に直接作用、肥満型糖尿病に適用)

④速攻型薬剤:ナテグリニド(スターシス)
      (フェニルアラニン誘導体)
       膵臓β細胞を刺激。

⑤α‐グルコシダーゼ阻害薬:アカルボース(グルコバイ)
             ボグリボース(ベイスン)
        単独投与では低血糖はないが、
        併用で低血糖が起きる時はブドウ糖を補給すること。

ビジネスブログランキング

         
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

【グリコラン錠】についてブログで検索すると…

グリコラン錠 をサーチエンジンでマッシュアップして検索しブログでの口コミ情報を集めてみると…

FC2Ad

相続 会社設立

当サイトに掲載されている文章および、グラフィックなどの全ての著作物の無断使用・無断転載を禁じます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。